大分県信組、ごみ集積ボックス商品化へ 社長のアイデアを実現

2024.01.09 04:30
知財 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
商品化に向けて打ち合わせをする(左から)甲斐社長と藤塚支店長、末副センター長(11月28日、大分市内)
商品化に向けて打ち合わせをする(左から)甲斐社長と藤塚支店長、末副センター長(23年11月28日、大分市内)
大分県信用組合(大分県、吉野一彦理事長)は、メイン先の社長のアイデアである「ごみ集積ボックス」の商品化に向けて、伴走支援に取り組んでいる。実用新案の取得をサポートし、2024年度下期の発売を目指す。
不動産業のリアルホームの甲斐諭吉社長が23年1月に、ごみステーションでごみ収集員が清掃車にごみ袋を一つ一つ運び入れる姿を見て、効率の良い方...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 大分県信用組合(2024年6月7日)
人事異動 大分県信用組合(2024年4月1日)
大分県信組、脱炭素へ取り組み加速 県庁で発表会
発表会であいさつする吉野理事長(12月21日、大分県庁別館)
大分県信組、社会保障の国際会合に登壇 健康の活動をアジアへ発信

関連キーワード

知財 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)