東京スター銀、熊本オフィスをオープン

2023.12.18 18:47
店舗 海外戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
開所式に臨む(左から)陳社長、森本所長、伊東頭取(12月18日、熊本オフィス、東京スター銀提供)
開所式に臨む(左から)陳社長、森本所長、伊東頭取(12月18日、熊本オフィス、東京スター銀提供)

東京スター銀行は12月18日、熊本オフィス(森本聖一所長=行員4人)をオープンした。開所式のあと「日台ビジネス連携セミナー」を開催した。


オフィスは営業活動を行わず、情報提供や案件のトスアップなどに特化。半導体関連など台湾企業の駐在員向け金融サービスのほか、台湾と九州地区企業の相互の進出をサポートする。メンバーは日本人と台湾人が各2人で、中国語と英語にも対応する。


開所式では東京スター銀の伊東武頭取と同行を傘下に持つCTBCフィナンシャルホールディングの陳佳文社長、熊本県出身の森本所長がそれぞれ挨拶した。


セミナーでは台湾経済研究院で20年以上、半導体産業研究のアナリスト経験を持つ劉佩真氏が「台日双方の半導体サプライチェーン発展と協力の契機」をテーマに講演した。


伊東頭取は「日台など国際間のさまざまなクロスボーダービジネスを担う拠点として、更なる機能拡充に取り組みたい」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 東京スター銀行(2024年4月1日)
東京スター銀、協調融資ノウハウ確立 他行と密接な関係築く
人事異動 東京スター銀行(2024年4月1日)
東京スター銀、デジタル証券扱う 地域金融機関で初

関連キーワード

店舗 海外戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)