富山信金、理事長参加の職員交流会 現場の悩み聞く

2023.12.16 17:59
ES
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
職員と飲食を共にしながら、悩みを聞く山地理事長(中央、12月15日、富山市内)
職員と飲食を共にしながら、悩みを聞く山地理事長(左から2人目、12月15日、富山市内)

富山信用金庫(富山県、山地清理事長)は役員と支店職員との意見交換の場をつくろうと、9月以降、店ごとに交流会を開催している。


コロナ禍以降、感染防止の観点から組織内の懇親やレクリエーションの場が減っていることを受けて、今回企画した。


12月15日は富山市内にある取引先の飲食店で、山地理事長と鷲塚一夫常務理事、呉羽支店の桐島純一支店長を始め計6人の職員が参加する交流会を開いた。山地理事長が若手職員から日頃の業務に関する悩みを聞いたり、今後のビジョンについて語る場面も見られた。


2024年3月までに全店を対象に交流会を開催。集めた意見を組織運営に生かしていく。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

富山県内7信金、新人の合同研修 「発信」トレーニング盛り込む
隣同士で研修を振り返る新入職員ら(4月10日、富山市内)
北陸地区信金協、富山県と石川県へ寄付 被災地の復興支援
新田知事(左)と、感謝状を手にする山地会長(3月28日、富山県庁、北陸地区信金協提供)
人事異動 富山信用金庫(2024年3月19日)
城南信金、復興支援へ富山観光 温泉地や魚市場を周遊
松月の歴史をツアー客に語る山地理事長(左)と川本理事長(3月20日、富山市内の松月)

関連キーワード

ES

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)