阿波銀、電子契約導入を後押し SMFG傘下企業と提携

2023.12.12 18:39
事務効率化 システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
阿波銀行は12月12日、三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下の企業が提供する電子契約クラウドサービス「SMBCクラウドサイン」の取り扱いを始めたと発表した。取引先における電子契約の導入を支援し、契約業務の効率化やペーパーレス化を後押しする。
提供するのは、SMBCクラウドサイン(東京都)が手がけるサービス。クラウドで契約締結から契...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【3メガG インドへ熱視線】(下) 進むアジアの事務拠点化
MUFGグローバルサービスのオフィス(MUFG提供)
人事異動 三井住友フィナンシャルグループ(2024年7月2日)
阿波銀、SDGs促進に「ゼミ」 地元企業の事例紹介
ゼミ終了後にはツクレボのオフィスやコワーキングスペースを見学した(6月11日、徳島市内)
大手行G運用会社、「不芳ファンド」開示 改善策示し信頼確保へ

関連キーワード

事務効率化 システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)