きのくに信金、「未来の事業」を考える 実用案は学生と有料契約

2023.12.07 20:28
提携・連携 事業再構築支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
学生から質問をうける事業者の山一製材(12月7日、和歌山大学で)
学生から質問をうける事業者の山一製材(12月7日、和歌山大学で)
きのくに信用金庫(和歌山県、田谷節朗理事長)は12月7日、取引先と和歌山大学の学生とをマッチングさせ、新しい事業構想案を作る「未来事業共同デザインプロジェクト」を始めた。若者の発想を取り入れ、新しい事業を起こしたい事業者を後押しする。
同信金は2022年10月に同大と包括連携協定を締結し、今年から3年間、未来事業プロジェクト(PJ)を行...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

城南信金・きのくに信金、みかん使ったビール披露 取引先をつなぐ
披露式に出席した川本理事長(右から2人目)と田谷理事長(右、5月29日、ホテルアバローム紀の国)
きのくに信金、白浜町の山林に植樹 合併30年で約1400本
苗を植える田谷理事長(手前、5月18日、白浜町、きのくに信金提供)
城南信金・きのくに信金、都内ビールバーにみかん農園紹介 「仕込み式」を開催
仕込み式に参加した(左から)大屋幸子・大鵬社長、田谷理事長、岸本知事、川本理事長、伊藤彰浩・伊藤農園社長(4月17日、羽田イノベーションシティ、城南信金提供)
人事異動 きのくに信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

提携・連携 事業再構築支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)