準大手・中堅証券、ラップ拡充相次ぐ いちよしは新NISA対応

2023.12.05 04:40
フィンテック 投信 資産形成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
準大手・中堅証券会社で、投資一任サービスを拡充・追加する動きが相次いでいる。数万円から利用可能なサービスを設計し、資産形成層を含めた幅広い顧客を取り込みたい考え。2024年1月に始まる新しい少額投資非課税制度(NISA)にも対応し、預かり資産残高に応じて発生するストック収益の拡大を目指す。
いちよし証券は新NISAに対応したファンドラッ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

青梅信金とアイザワ証券、小学生のタオル販売に協力 起業家教育の一環で
青梅マラソンの会場でタオルを販売する児童とそれを見守る同信金営業推進部の小山幹部長(右から2人目、2月18日、青梅市役所前)
準大手・中堅証券、NISA獲得追い込み アイザワは〝銀証〟で成果
岡三証券、銀行代理業に参入 GMOあおぞらネット銀と合意
岡三証券東京中央店、サテライト拠点有効活用 法人オーナー開拓1年半で倍増
顧客開拓の指示を与える山口店長(右)

関連キーワード

フィンテック 投信 資産形成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)