山梨中央銀、営業車が道路の損傷検出 ドラレコで自治体に協力

2023.12.01 19:20
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

山梨中央銀行は12月1日、道路の損傷を検出して早期修繕に役立てようと、営業車両に三井住友海上火災保険のドライブレコーダー「Fードラ」を導入した。同行と連携協定を結ぶ北杜市が利用するAI道路点検サービス「ドラレコ・ロードマネージャー」での解析に活用する。


同行は北杜市との協定に基づき、三井住友海上の「ドラレコ・ロードマネージャー」を紹介。同サービスは自治体や道路修繕事業者の道路メンテナンスを支援するもので、「Fードラ」などの機器で収集したデータをAIが分析する。


北杜市は公用車に専用機器を設置して道路点検を行ってきたが、同行が協力することで、より広範囲をカバーすると同時にデータを充実させることができるという。「Fードラ」は、同市内を担当する行員の車両10台に取り付けられた。道路のへこみやひび割れ、白線のかすれなどを検出できる。


事故時の対応などに備えて金融機関が「Fードラ」を導入した例はあるが、地方自治体への協力など地方創生を目的に導入した銀行は同行が初めて。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

山梨中央銀、自治体コンサルで成果 受託料1億円超え
地元住民らが韮崎市の魅力などについて意見を交換した(1月30日、韮崎市)
人事異動 山梨中央銀行(2024年2月1日)
静岡銀・山梨中央銀、アライアンス3周年記念し交流会
静岡・山梨の魅力について意見を出し合った(2月2日、静岡銀行研修センター)
山梨中央銀、ベトナム親善協会の事務局に 民間交流を促進
総会に参加した進藤氏(左)と長崎幸太郎・山梨県知事(1月30日、山梨県)

関連キーワード

社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)