YMFG、ブランド共感へ新CM 地域の可能性に思い巡らす

2023.12.01 18:52
広報・宣伝
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

変化するのは当然で、変化を目的とするのではなく、地域の未来のために変化するーー。山口フィナンシャルグループ(YMFG)は、新CMで変化にさらされながらも挑戦を続けるリアルな同社社員の姿勢を表現した。


ブランドコミュニケーションとして始めたCMの第1弾は若い男女(ユズとイノリ)を主役に2本で構成。挑戦する場を探す若者の姿から地方の意味を問い直した。


今回の第2弾はユズがYMFG社員として働く姿から、変化しなければと焦る主役と、いい刺激を受けて変化に適応する先輩を描いた。「地域とともに生きるYMFGだからこそ地域で生きる意味を改めて問い直し従来の地域という概念を超えて進む姿を示した」(古堂達也総合企画部長)。


「納得できないのか。修正しなさい」。ユズを𠮟責する場面を演じたのは山口銀行本店営業部の役席者だ。ロケ班が訪れた際、監督の目に留まり、発声させられ、急きょ抜擢された。エキストラとして社員約60人が参加。本店社屋や近くの交差点で撮影した。「YMFG社員が一丸となって制作に取り組み、リアリティーある社員の姿が表現できた」(CM制作を担当した竹内沙貴さん)。


新CM完成発表会には、主役のユズを演じた青木柚さんは、「地域や地域金融機関の無限の可能性を肌で感じることができた」とビデオメッセージを届けた。「地域の可能性、地域で暮らす自分自身の可能性に思いを巡らすきっかけとして、メッセージが多くの方に届けば」と古堂氏は期待する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、GHG算定・分析高度化へ 環境省が先行事例を横展開
人事異動 山口フィナンシャルグループ(2024年4月1日)
山口FG、新事業案を社員が発表 助言会社が実証フェーズへ
実証フェーズに進める新事業案を発表した「顧客に寄り添うアドバイザー会社」のチーム(提供写真)
役員人事 山口フィナンシャルグループ(2024年4月1日、6月株主総会日)

関連キーワード

広報・宣伝

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)