茨城県信組、JR連携で水戸駅マルシェ 取引先が産直野菜を販売

2023.11.24 18:57
イベント 販路開拓支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
エプロン姿で焼き栗のおいしさをアピールする茨城県信組の職員(11月10日、JR水戸駅改札前コンコース、茨城県信組提供)
エプロン姿で焼き栗のおいしさをアピールする茨城県信組の職員(11月10日、JR水戸駅改札前コンコース、茨城県信組提供)
茨城県信用組合(茨城県、渡邉武理事長)は11月24〜26日、JR水戸駅改札口前で、同信組の取引先が産直野菜などを即売する「マルシェ」を開催。連携協定を結ぶJR東日本水戸支社・グループとの連携企画で、列車の乗降客や旅行者、駅ビルを行き交う人たちに、地元の新鮮な食材を紹介した。
これまで実施してきたJR水戸支社との連携施策では、同信組関連以...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論
茨城県信組、3.9%の賃上げ 初任給もアップ
茨城県信組、二十歳を迎え気持ち新た 職員6人祝福の「成人式」
渡邉理事長(左)を前に、感謝の気持ちと決意を述べる田沼さん(中央、1月5日、本店)
茨城県信組、JRへ「食」売り込み 駅コンビニ・地産店向けなど
茨城県中部の汽水湖「涸沼(ひぬま)」特産のシジミを使った味噌汁を味わうバイヤー(7月27日、茨城県水戸市のJR東日本水戸支社)

関連キーワード

イベント 販路開拓支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)