京都信金、寂れた街に活気を 地域の課題解決へ奔走

2023.11.23 04:45
地方創生 マッチング支援 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
閉店後の支店で自動車店オーナーと地域住民によるミーティングを開催(京都信金提供)
閉店後の支店で自動車店オーナーと地域住民によるミーティングを開催(京都信金提供)
京都信用金庫(京都市、榊田隆之理事長)は、10月に発表した新中計で「課題解決型店舗を現在の1カ舗から今後約2年間で40カ店に増やす」と発表した。モデル店舗は〝町おこし〟を主要業務に据えた膳所(ぜぜ)支店(小寺慎吾支店長)。2022年11月に新築リニューアル、1周年を迎えた同店の活動を見た。
膳所支店は、新装開店を機に「課題解決型」店舗に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金など、アトツギ育成に奔走 「甲子園」決勝決まる
【実像】活発化する社会課題解決型事業 金融はどう応えるか
銀行界、社内SNSの活用浸透 見えづらい貢献に〝光〟
京都信金は社内SNSを活用し、部署の垣根を超えた職員の交流を図っている(京都信金提供)
京都信金と京都北都信金、生産者と事業者結ぶ「食の商談会」
大勢の来場者でにぎわう商談会(12月5日、QUESTION)

関連キーワード

地方創生 マッチング支援 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)