北国FHD、新勘定系は複数クラウド基盤 障害発生時に短時間再開

2023.11.17 19:27
イベント オンラインシステム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
グーグルのイベントでマルチクラウド化の背景を語る杖村社長(11月16日、東京ビッグサイト)
グーグルのイベントでマルチクラウド化の背景を語る杖村修司社長(11月16日、東京ビッグサイト)
北国フィナンシャルホールディングス(FHD)は、新たに開発する勘定系システムを複数のクラウド基盤を使うマルチクラウドで稼働させる。金融機関の勘定系のマルチクラウド採用は国内で初めてという。稼働は2026年度中を予定している。
傘下の北国銀行は、21年5月に勘定系システム「バンクビジョン」をパブリッククラウドに移行した。クラウド基盤は現在...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北国銀、移動店舗の営業開始 災害時も金融サービス継続
移動店舗車の外観(北国銀提供)
北国銀、企業向けにBaaS事業開始 第一弾でフィンサーバンク
地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める
北国FHD、他金融機関の海外業務を支援 ケニア現法など活用
ケニア現法の現地スタッフ(左から3、4人目)と杖村修司・北国FHD社長(同2人目、6月19日、現地法人オフィス前、北国FHD提供)

関連キーワード

イベント オンラインシステム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)