平塚信金、業務提携で高速料金削減 ETC割引サービス紹介

2023.11.16 18:33
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

平塚信用金庫(神奈川県、尾上達也理事長)は11月15日、道央情報サービス協同組合との業務提携を開始したと発表した。


同信金の顧客を同組合に紹介することで、高速道路料金が割引される専用ETCカード発行やガソリン・タイヤなどの共同購買のサービスが受けられ、輸送費を削減できる。


担当者は「お客さまのニーズを把握しながら、経費削減を支援していきたい」(営業統括部)と話す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【本紙調査】首都圏信金、広がる中途採用 前職の経験生かし活躍
城西大学の学生に自身の経験を踏まえてアドバイスする元高校教諭で飯能信金の宮島主任(右、6月13日、城西大坂戸キャンパス)
神奈川県内8信金、横浜で合同商談会 5年ぶりに対面形式
商談会の様子(6月5日、大さん橋ホール)
平塚信金、座間市と連携協定締結 共同セミナーなど開催
協定書にサインする尾上理事長(左)と佐藤市長(4月12日、座間市役所)
首都圏信金、入庫式を開催 〝金利ある世界〟強調
決意表明をする川崎信金新入職員の松永彩花さん(先頭、川崎市川崎区の川崎信金本部ビル)

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)