SBI新生銀、4~9月期純利益5%増の261億円 貸出金収益が伸長

2023.11.09 19:37
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
SBI新生銀行が11月9日に発表した2023年4~9月期決算は、純利益が前年同期比5%増の261億円だった。法人業務での貸出増による資金利益や資産運用商品の販売が好調だったほか、アプラスの主力事業からの収益増加などが寄与。SBIグループとのシナジー効果は半期で73億円と、22年度通期の50億円を大きく上回った。通期予想の純利益450億円は...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SBI新生銀マネープラザ銀座、預かり資産4カ月で2.5倍 証券商品加え対面営業強化
ざっくばらんなコミュニケーションがチームワークを醸成する(右が山田統括部長、1月12日)
役員人事 SBI新生銀行(2024年1月1日)
役員人事 SBI新生銀行(2024年1月5日・31日)
人事異動 SBI新生銀行(2023年12月15日)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)