常陽銀、元行員が5398万円着服

2023.11.02 18:37
事件・不祥事
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
常陽銀行は11月2日、境支店(茨城県境町)に勤務していた40代女性の元行員が、現金5398万円を着服していたことを明らかにした。
元行員は預金や預かり資産などの店頭営業担当で、2022年7月~23年10月ごろ、受け持っていた顧客計5人がそれぞれ預金の払い戻しをしたかのように装い、行内の記録を改ざん。引き出した現金を着服し、生活費や借金の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

常陽銀、初のZEB仕様店オープン エネ消費減、実質75%以上
開店式でテープカットする常陽銀の秋野頭取(左から3人目、2月26日、神立支店)
人事異動 常陽銀行(2024年1月29日)
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
常陽銀子会社、再エネ供給「PPA」拡大 太陽光パネルを民間に初設置
契約書を取り交わす、JGEの小松崎取締役(左)と日本物流開発の川底社長(日本物流開発土浦営業所)

関連キーワード

事件・不祥事

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)