愛知銀、温室効果ガスの算定高度化 炭素会計プラットフォーム活用

2023.10.31 19:23
脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
愛知銀行は、10月31日から気候管理・炭素会計プラットフォームを提供するパーセフォ二社の温室効果ガス(GHG)排出量算定プラットフォームを活用する。算定高度化と効率化が可能なため、これを契機に地域、投融資先企業の脱炭素化支援を加速していく。パーセフォニ社と連携した一元算定は地域銀ではまだ少ない。
金融機関には、自社のカーボンニュートラル...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 愛知銀行(2024年1月1日)
愛知銀、賃貸住宅併設の複合ビル建設 金山支店が26年4月に営業開始
人事異動 愛知銀行(2023年10月2日)
あいちFG傘下2行、銀行代理業を相互展開 早期連携でシナジー発揮

関連キーワード

脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)