京都信金題材の書籍出版 大学教授が「手間ひまかける経営」研究 

2023.10.31 19:31
広報・宣伝 取引先支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
榊田理事長へのインタビューも満載した『手間ひまをかける経営 日本一コミュニケーション豊かな会社の「関わる力」』
京都信用金庫(京都市、榊󠄀田隆之理事長)を題材とした書籍『手間ひまをかける経営 日本一コミュニケーション豊かな会社の「関わる力」』が11月1日、出版される。著者は法政大学の高田朝子教授。
京都信金が掲げる「寄り添う金融・つなげる金融」の事例をもとに、ネットワークやコミュニケーション手法を紹介。同信金が、なぜノルマの撤廃や対話型経営を実践...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【実像】活発化する社会課題解決型事業 金融はどう応えるか
京都信金、「課題解決型店舗」を拡大 6月に20カ店増やし21カ店に
新築移転オープンした大津支店(1月22日)
銀行界、社内SNSの活用浸透 見えづらい貢献に〝光〟
京都信金は社内SNSを活用し、部署の垣根を超えた職員の交流を図っている(京都信金提供)
京都信金、「ミスきもの」職員が本店を訪問
職場に「ミスきもの」として訪問。(左から)榊田理事長と長谷川さん(1月4日、京都信金本店)

関連キーワード

広報・宣伝 取引先支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)