愛知銀と名古屋銀、ファクタリングのOLTAに出資   

2023.10.27 19:12
ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

愛知銀行と名古屋銀行は、それぞれの投資専門子会社と10月27日、フィンテックスタートアップ企業の「OLTA(オルタ)」に出資したと発表した。オルタの事業者向け資金繰り支援サービスが拡充されることで、取引先や地域の活性化につながると判断した。


オルタは、事業者が持つ入金待ちの請求書を資金化するオンライン型のクラウドファクタリングを展開。手続きはオンラインで完結し、最短で即日資金化が可能になる。名古屋銀は8月、愛知銀は10月にそれぞれオルタと連携し、同サービスを取引先に紹介している。


愛知銀と愛知キャピタルは「あいぎんベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合(愛称:金しゃち)」、名古屋銀と名古屋キャピタルパートナーズの「めいぎん地域活性化 1 号投資事業有限責任組合」を通じてそれぞれ出資。名古屋銀が活用したファンドでは、今回の投資が1号案件となる。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

静岡銀・名古屋銀、ATMの相互利用無料化
名古屋銀上前津支店、貸出1000億円突破 県内の地域銀支店で唯一
案件の事前協議に重点を置く金森支店長(右奥、1月31日、上前津支店)
金融機関、女性の健康支援相次ぐ オンライン診療導入など
人事異動 名古屋銀行(2024年2月1日)

関連キーワード

ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)