香川銀、短時間勤務制度を拡充 仕事と育児の両立支援

2023.10.27 18:17
ES 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

香川銀行は10月27日、育児短時間勤務制度を拡充したと発表した。仕事と子育ての両立に取り組む行員をサポートするのが狙い。勤務時間のパターンを増やし、子育ての状況に応じた働き方を支援する。


これまで3パターンだった短時間の勤務制度を、9パターンへ拡充。始業時間は8時30分、9時、9時30分の3種類、勤務時間は6時間、6時間30分、7時間の3種類から、それぞれ選べるようにした。


2022年4月には、制度対象者を「小学校入学前」の子を養育する行員から、「小学校3年生終了」までの子を養育する行員へと広げている。同行によると、制度の利用者は増え、10月の制度拡充後は勤務体系を変更する行員も出ているという。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

香川銀琴平支店兼満濃支店、意欲高める提案へ工夫 補助金申請で11件採択
補助金申請の支援先「春日」の土井代表(右)と話す吉原支店長(左)と皆田涼太氏(1月16日、琴平町内)
北国銀と香川銀、ハンド選手が高松市から栄誉賞 国際大会で活躍
表彰状を手にする馬場選手(手前左から3人目)と岡田選手(同4人目、2月16日、高松市役所)
香川県内金融機関など、中小企業支援で9者連携 制度融資拡充も視野
関係機関のトップが出席し、協定書を取り交わした(2月8日、香川県庁)
金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論

関連キーワード

ES 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)