近畿財務局、10月経済情勢据え置き 「新規事業」40%が実施

2023.10.25 13:00
景気
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
近畿財務局は10月25日、近畿2府4県の「管内経済情勢報告」(10月判断)を公表した。総括判断は「緩やかに回復しつつある」と前回(7月)から据え置いた。主要3項目の個人消費「緩やかに回復しつつある」、生産活動「一進一退の状況にある」、雇用情勢「緩やかに持ち直している」は据え置いた。
主要項目以外では住宅建設が、新設住宅着工戸数で分譲マン...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

近畿財務局、4-6月期法人景気は2期連続のマイナス 24年度売り上げは増収見込み
近畿財務局、教員向けに財政教育 大阪教育大と連携し50人が参加
教員がグループワークを体験(5月14日、大阪教育大)
近畿財務局、4月経済判断据え置き 賃上げは98%が実施
近畿財務局・近畿経産局・近畿地方環境事務所、脱炭素の機運醸成へ21機関トップなどにインタビュー
質問に答える3機関の局長(左から関根環境事務所長、関口近財局長、信谷近畿経産局長、3月22日、近畿経済産業局で)

関連キーワード

景気

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)