「連結最終利益200億円台へ」 殖栗・第四北越銀頭取

2023.10.25 04:40
インタビュー 経営計画・戦略 周年
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
第四北越銀行は11月2日、創立150周年の節目を迎える。2018年10月に第四銀行と北越銀行が経営統合して第四北越フィナンシャルグループ(FG)が発足し、21年1月に両行が合併。〝一志団結〟を合言葉に改革の陣頭指揮を執る殖栗道郎FG社長兼頭取(60)に周年への思いと戦略を聞いた。
――150周年の感想は。
「1873年の第四国立銀行創...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

群馬銀と第四北越銀、6社で異業種交流会を初開催 女性活躍で意見交換
グループワークで自分の組織(会社・職場)の自慢を書き出す参加者たち(5月10日、メトロポリタン高崎)
第四北越FG、3月期純利益212億円 最高益を更新
決算を発表する殖栗社長(左)と柴田憲取締役(5月10日、だいしほくえつホール)
地域銀の25年卒採用、Uターン生確保へ「攻め」 出張面談やスカウトで
第四北越銀、IPO目指す県内企業支援 人材育成プログラム開始

関連キーワード

インタビュー 経営計画・戦略 周年

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)