銀行・信金、新卒採用 半数が応募「減」 ミスマッチ解消で容認

2023.10.27 04:40
人事制度 採用 調査・統計
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
銀行・大手信用金庫で新卒採用のエントリー数が減少している。2024年度採用はニッキンが調査した154機関の約半数にあたる75先で23年度より減った。1~3割の減少が目立ち、売り手市場で母集団形成に苦戦する姿が浮き彫りになった。信金では「正確な業務内容の周知を通じ、志望度の高い学生が確保できた」と、エントリー数の減少を容認する見方も出始めた...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【実像】活発化する社会課題解決型事業 金融はどう応えるか
百五銀、PIF評価書を映像で PR効果高く商品化検討
映像版のPIF評価書では、社長自身が事業を説明するシーンを取り入れた(同行提供)
よい仕事おこし実行委、菜の花エール仕込み式 「館山を〝元気いっぱい〟に」
「菜の花エール」を仕込む(左から2番目から)森市長、利田理事長、川本理事長(2月9日、羽田のよい仕事おこしプラザ)
百五銀、脱炭素へ地元3市と連携 支援サービス申し込み217社
連携協定を締結した鳥羽市の中村欣一郎市長(左)と百五銀の杉浦雅和頭取(2月8日、鳥羽市役所)

関連キーワード

人事制度 採用 調査・統計

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)