奈良中央信金、特別支援学校アート展 生徒が作品を紹介

2023.10.23 18:29
イベント 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
作品の粘土細工を持つ高等養護学校の西川藍さん(10月23日、奈良中央信金本店ロビー)

奈良中央信用金庫(奈良県、高田知彦理事長)は10月23日~11月9日、本店ロビーで「特別支援学校アート展inならちゅうしん」を開催している。高等養護学校と明日香養護学校の生徒らの作品32点を展示中だ。


11回目となる同展は、特別支援学校の生徒に継続して作品発表の場を提供することや、自分の言葉で作品をPRする機会を提供することを目的に開催。消防士の粘土細工や亀の切り絵、クジラをモチーフにしたステンドグラスの壁掛けなど多種多様な作品がロビーに並んだ。また、同信金の通帳・カードをデザインした明日香養護学校の卒業生・岸本亜矢子さんの作品も併せて展示している。


高等養護学校の西川藍さん(2年生)は、「将来の夢」をテーマに、ベースを弾く未来の自分を粘土細工で表現。西川さんは「サングラスのところを見てほしい。自分の作品が展示されると聞いたときはびっくりしたが、色々な人にみてもらいたい」と話した。



西川さんの作品「ロックンロールスター」(10月23日、奈良中央信金本店ロビー)

ちゅうしんボランティアクラブの担当者は「こうした機会が生徒らの自信につながると聞く。今後も続けていきたい」とコメントした。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

奈良中央信金、「グッドサポート」贈呈式 計1180万円を助成
贈呈式に参加した高田理事長(前列中央)と助成を受ける企業の代表者ら(2月20日、奈良中央信金本店)
人事異動 奈良中央信用金庫(2023年11月1日)
奈良中央信金、平群町に100万円寄付 地域の雇用促進へ
奈良中央信金、デジタルツールで産業振興 ウェイビーなどと協定

関連キーワード

イベント 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)