奈良中央信金、平群町に100万円寄付 地域の雇用促進へ

2023.10.17 20:51
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
感謝状を持つ奈良中央信金の高田理事長(左)と西脇洋貴平群町長(右)

奈良中央信用金庫(奈良県、高田知彦理事長)は、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用し、奈良県平群町に100万円を寄付した。寄付金は同町の地域活性化事業に使われる見通し。同信金の企業版ふるさと納税を活用した自治体への寄附は、今回で10市町村目。


寄付金は、同町地域活性化の「新たな雇用と交流をつくる事業」にあてられる。同事業は、農業や観光の振興を通じて、安定した雇用の創出や地域活性化につながるまちづくりを目指すもの。具体的な使途は未定だが、今後は両者が連携して決める。


10月17日に平群町役場にて目録贈呈式と感謝状贈呈式が行われ、高田理事長と西脇洋貴町長が出席。高田理事長は「金庫全体で可能な限りサポートしていきたい」とあいさつした。


同信金は同町と連携を強化しており、道の駅の看板設置費用の寄付や、へぐり時代祭りへの参加など地域活性化に多数参画。11月には同信金の協力で、よい仕事おこしフェアに平群町がブース出展する予定。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

奈良中央信金、「グッドサポート」贈呈式 計1180万円を助成
贈呈式に参加した高田理事長(前列中央)と助成を受ける企業の代表者ら(2月20日、奈良中央信金本店)
人事異動 奈良中央信用金庫(2023年11月1日)
奈良中央信金、特別支援学校アート展 生徒が作品を紹介
奈良中央信金、デジタルツールで産業振興 ウェイビーなどと協定

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)