きらぼし銀、府中市でスマホ講座 高齢者24人が参加

2023.10.16 19:01
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会場ではデジタルキャラバン隊の行員(手前右)も参加者をサポートした(10月16日、きらぼし銀提供)
会場ではデジタルキャラバン隊の行員(手前右)も参加者をサポートした(10月16日、きらぼし銀提供)

きらぼし銀行は10月16日、府中支店で高齢者向けスマートフォン講座を開いた。スマホ初心者24人が集まり、基本的な操作方法などを学んだ。きらぼし銀主催で開催するのは今回が初めて。


府中市が課題認識している「デジタルデバイド(インターネットなどの情報通信技術を利用できる人と利用できない人の間で生じる情報格差)解消」「高齢者コミュニティの希薄化対策」に貢献することが目的。


シニア向けデジタルサポートを手がけるAge Well Japan社(東京都)から派遣された大学生4人が、アプリのダウンロードや操作方法、便利な使い方などについて説明。その後、実際に参加者各自のスマホの利用を体験した。同行府中支店で顧客のスマホでの困りごとに対応する「デジタルキャラバン隊」やUI銀の行員も参加者をサポートした。


参加者からは「これまで参加したスマホ教室より分かりやすかった」という声があがった。田畑智識・府中支店長は「スマホの使い方を学んでぜひ便利さを知っていただければ」と呼びかけた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行界、管理職の「対話力」磨く 役割、部下指導へシフト
りそな銀では人財サービス部が他部署と連携し、ミドル層の役割見直しと必要なスキルの議論を始めた(同行提供)
きらぼし銀、eスポーツイベント出展 契約チームと対談など
モニター画面を通じて連携推進部の大矢宏樹次長とミーティアの相澤利春代表によるトークイベントを紹介(1月26日、東京ビッグサイト、きらぼし銀提供)
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
【解氷】最後の市場「富裕層」 脱・金利競争へ手探り(下)

関連キーワード

社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)