空知信金、代理人を事前登録 高齢客の認知症に備え

2023.10.13 16:44
高齢者取引 相続
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
空知信用金庫(北海道、熊尾憲昭理事長)は10月16日、高齢客の認知機能低下への備えとして、預金取引の「代理人事前登録サービス」を始める。事前に子や配偶者を代理人指定することで、預金者本人が認知・判断能力を喪失したあとも、代理人が入出金や振り込みなどの取引を継続できる。裁判所への申し立てが必要な成年後見制度よりも手続きが簡便で費用負担も少な...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金など、アトツギ育成に奔走 「甲子園」決勝決まる
よい仕事おこし実行委、岩見沢市と包括協定 空知信金が窓口で地域活性化へ
北海道内金融機関、ラピダス進出に熱視線 道内総生産11兆円押し上げ
ラピダスの半導体工場の完成模型を披露する(左から)ラピダスの東哲郎会長と小池淳義社長、北海道の鈴木直道知事、千歳市の横田隆一市長(9月1日、北海道千歳市)
地域金融機関、アトツギ育成へ伴走 目指せ「甲子園」
空知信金のキックオフイベントに参加した後継者ら(10月24日、空知信金本店)

関連キーワード

高齢者取引 相続

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)