地域銀行、資本性ローン広がる、横浜銀行は8カ月で82億円

2021.01.15 05:00
新型コロナ関連 融資戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 コロナ禍で打撃を受けた主要取引先に対し、資本性劣後ローンを供給する地域銀行が増えている。一時的に大幅な赤字や債務超過に陥った先でも、将来の回復が見込める場合はリスクを負って支えるべきと判断。横浜銀行は約8カ月で82億5千万円を実行した。ノウハウが豊富な日本政策金融公庫と協調して対応する動きも出ている。 倒産時の返済順位が他の債権より劣後...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める
横浜銀、脱炭素で横浜市と連携協定 ウェブ口座への切り替えで寄付
締結式後に撮影に応じる片岡頭取(左)と山中市長(6月27日、横浜市役所)
横浜銀、元プロ野球選手を招き 新NISAセミナー
トークセッションで山田アナの問いに応える高木氏(6月8日、TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい)
横浜銀、秦野市で電子地域通貨事業

関連キーワード

新型コロナ関連 融資戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)