金融界、出社制限や早期退社徹底、来店予約制も広がる、緊急事態宣言の再発令受け

2021.01.15 05:00
経営 新型コロナ関連
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 政府は1月7日、1都3県(埼玉、千葉、東京、神奈川)に緊急事態宣言を再発令した。金融機関では政府が掲げる「出勤者数7割減」へ、在宅勤務の推奨や昼休業を再開する動きが広がる。20時までの時短営業を余儀なくされ、売り上げ減少に苦しむ取引先飲食店の支援にも力を入れる。山梨中央銀行では集団感染を防ぐため、保健所と連携して社宅・社員寮の予防対策に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融界、60代の処遇「現役」並みに 「シニア人材」生かす
三井住友銀、25年にサービス計画休止 新勘定系システム移行で
おくやみ 臼井 孝之氏が死去 元住友銀(現三井住友銀)副頭取
城南信金、新規事業立ち上げへ 職員からアイデア募る

関連キーワード

経営 新型コロナ関連

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)