横浜銀など15行庫、広告事業本格化へ 11月から実証実験

2023.10.06 04:45
提携・連携 広報・宣伝 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
実証実験で使うサイネージ(野村総研提供)
実証実験で使うサイネージ(野村総研提供)
横浜銀行や広島銀行など15行庫が、広告事業の本格化を目指し11月から順次、実証実験に着手する。顧客企業の広告を本支店に設置するデジタルサイネージ(電子看板)に掲載し、有用性や収益性の効果を測定する。各行庫が培った知見・ノウハウを持ち寄る連絡会を早ければ2023年度中に立ち上げ、事業をブラッシュアップさせる方針だ。
横浜銀と広島銀のほか、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【脚光】北洋銀行頭取に就任する津山博恒氏 お客さまに喜んでもらう
津山博恒氏
再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
横浜銀など、県警とマネロン対策協定 連携深めて犯罪防止
協定書を掲げる崎山部長(左)と野辺執行役員(2月22日、横浜銀行本店)
琉球銀、新頭取に島袋専務 7年ぶりトップ交代
琉球銀行の代表取締役頭取に就く島袋健氏

関連キーワード

提携・連携 広報・宣伝 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)