北都銀と荘内銀、風力発電所の建て替えにPF

2023.09.29 20:35
脱炭素 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

フィデアホールディングスの北都銀行と荘内銀行は9月29日、ユーラスエナジー西目が秋田県由利本荘市西目地区で展開する風力発電事業「ユーラス西目ウインドファーム」の設備建て替えにプロジェクトファイナンス(PF)を組成した。総額は約104億円で、北都銀と荘内銀はそれぞれ39億円融資する。


同社は、同地区に風力発電を15基を設置し、2004年11月に運転を開始。約20年が経過したが、引き続き豊かな風資源を有効活用できるとみて、建て替えを実施する。これにより、一般家庭約2万2000世帯分の電力が賄える見通し。風力発電の固定価格買い取り(FIT)は最長20年間だが、リプレースによりこれを再設定する〝再FIT〟を目指す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

フィデアHDと傘下2行、5%の賃上げへ 
フィデアHD、自己株式6万5000株を取得 
寸言 新野正博・フィデアホールディングス社長兼CEO
北都銀と荘内銀、信託商品を新規取り扱い 相続手続き簡易化へ

関連キーワード

脱炭素 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)