第二地銀、API連携の収益化を模索、協会はデータ活用支援

2021.03.19 05:00
フィンテック
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 第二地方銀行は、電子決済等代行業者と結んだAPI(データ連携の接続仕様)接続契約を、銀行ビジネスにどう生かしていくべきか模索している。現状は、大半の銀行が制度対応として「つないだだけ」にとどまり、新たな収益機会への戦略を描き切れていない。第二地方銀行協会は会員行共通の課題とみて、データ活用などAPIビジネスの後押しを始めた。 2018年...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

第二地銀協、外部交流が活発に サーブラボ設立5周年
パネリストの(左から)徳島大正銀の積真一朗氏、宮崎太陽銀の佐藤龍史氏ら(7月12日、東京都内)
第二地銀協、「役員候補」集め研修 45~50歳の12人 参加へ
地域活性化へ海外視察 藤原・第二地銀協会長
藤原一朗・第二地銀協会長
サーブラボ、会員行のDX支援に幅 業界底上げや先進行を後押し 賛助会員制度を本格化

関連キーワード

フィンテック

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)