名古屋銀、ドレスコードフリーを導入

2023.09.22 17:09
働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

名古屋銀行は10月2日から、ドレスコードフリーを導入する。全役職員約1850人が対象。TPO(時・場所・場面)に合わせた服装を基本ルールとし、ビジネスカジュアルも可能とする。多様性を尊重し自律的に考える風土の醸成につなげるのが目的。


2023年1月に発足した、多様性の尊重を推進するワーキンググループ「チームひまわりPlus+」の発案。6月から9月まではドレスコードフリーを試行期間として実施していた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

名古屋銀、企業版ふるさと納税で懇談会 藤原頭取や江南市長らが参加
江南市長と意見交換する藤原頭取(左から2人目)(7月11日、江南市役所で)
三菱UFJ銀、新興と交流会開催 豊橋市では初
新興企業のピッチの様子(7月9日、豊橋市)
人事異動 名古屋銀行(2024年7月1日)
名古屋銀、私募債収益を被災地支援 45件総額488万円

関連キーワード

働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)