四行協議会、機能強化し存在意義示す 専門委員会で活動を展開

2023.09.25 09:54
提携・連携 労組・従組 給与
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
23年度四行協議会、写真
参加メンバーで四行協議会の歴史や伝統、意義を再確認し、23年度活動計画を決定した(9月22日、東京マリオットホテル)
群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、八十二銀行の従業員組合(職員組合)で組織する地方銀行従業員組合四行連絡協議会(四行協議会)は、共通する諸課題について四行の組合員の認識を統一し、協議会機能を強化する。2023(組合)年度は組織強化や賃金対策、福利厚生・労働時間対策の各専門委員会で検討・協議を深める。「賃上げについて」をテーマに調査・研究活動を...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

マネーフォワード、〝DXの本質〟研修で伝授 常陽銀、トスアップの質向上 
群馬銀、私募債手数料一部を県に寄付 新潟産品を群馬県へ
山本一太群馬県知事に新潟産品を贈った深井頭取(6月13日、群馬県庁、群馬銀提供)
人事異動 群馬銀行(2024年6月20日)
常陽銀、自行GXの成果を地域還元 営農型太陽光発電に協賛金
協賛金のデジタル目録を授与。左から、常陽銀の秋野頭取、水戸ホーリーホックの小島社長と竜のマスコットキャラクター「ホーリー君」(6月10日、茨城県水戸市の常陽銀本店)

関連キーワード

提携・連携 労組・従組 給与

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)