岐阜信金、創業跡地に交流ビル、25年4月に開業予定

2023.09.15 21:01
店舗 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

岐阜信用金庫(岐阜県、好岡政宏理事長)は、創業の地である若宮町支店跡地にビルを建設する。金融窓口業務の機能を持たない拠点として、イベントの開催や住民・学生の交流スペースを設置。地域活性化につなげる。2024年3月の創業100周年事業の一環で、25年4月の開業を予定している。


ビルは鉄骨造り3階建てで、総床面積は838.85平方メートル。1階のコンセプトは「若者・地域の夢を叶える」。セミナーや相談会、芸術イベントを開き、地域のにぎわいを創出する。情報を発信するスタジオも設置。地域住民の交流スペースとして開放も予定する。


2階は個人のライフプラン二ングから法人のコンサルティングまで受け付ける相談スペースを設置。3階には事業支援部署のサテライトオフィスに加え、リモートワークスペースとしての活用を想定する。2、3階は吹き抜け仕様で開放感を持たせ、緑化テラスも配置する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

岐阜信金、岐阜市に警備船寄贈 100周年記念事業で
寄贈式に参加した(左から)光崎専務、柴橋市長、好岡理事長(4月18日、岐阜市役所)
人事異動 岐阜信用金庫(2024年4月1日)
岐阜信金、瑞穂市にドローン寄贈 創立100周年事業
ドローンを持つ森市長(左)と桂川専務理事(左から2人目、4月4日、瑞穂市役所)
岐阜信金、「SBT認証」年30件支援 脱炭素の具体施策を後押し
取引先の社長にSBTの必要性について説くソリューション営業部の三浦大代理(中央、3月1日、岐阜信金提供)

関連キーワード

店舗 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)