筑後信金、DX化推進企業を発信 久留米市と連携

2023.09.12 19:07
DX 提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
カラーリングファームの楢原社長(左)にインタビューする久留米大の学生(9月12日、カラーリングファーム)

筑後信用金庫(福岡県、江口和規理事長)は、久留米市と連携し、デジタルトランスフォーメーション(DX)化に積極的に取り組む企業の情報発信に力を入れている。同市のDXに関するホームページや、筑後信金と久留米大が編集し発行する経済情報誌「ここんにき」で発信する。


筑後信金と久留米市が共同企画する「DX情報発信事業」の一環。企業情報の取材先は筑後信金と同市が、市のDX促進補助金の利用先から、タクシー業の安全タクシーグループと農業法人のカラーリングファームの2社を選定。取材は9月11、12日に久留米大の学生がインタビュー形式で行った。


12日には、久留米大の3年生3人がカラーリングファームの楢原憲一社長にインタビューを実施。補助金を活用した受注・製造・出荷のデジタル化やDX化による従業員の意識変化などについて質問した。


インタビューの内容は11月に配信する予定。筑後信金の担当者は「インタビューをきっかけに他社にもDX化を広げたい」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

筑後信金と日本公庫久留米支店、スマホで OK“売れる撮り方”学ぶ 写真セミナー
リンゴを題材に撮影方法を実践する参加者ら(7月8日、筑後信用金庫本店)
筑後信金、筑前町と連携協定 地域発展や住民サービス向上へ
協定を締結した(左から)筑前町の田頭喜久己町長と江口理事長(2月28日、提供写真)
筑後信金、取引先支援に注力 課題解決へ300件着手
中島社長(左)からCADスキャナーを使った入れ歯の製造工程の説明を受ける古賀係長(1月17日、朝倉市内)
筑後信金、花畑支店で強盗模擬訓練
男性職員を人質に取り、現金を脅し取ろうする犯人役の警察官(左、12月6日、花畑支店)

関連キーワード

DX 提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)