福岡銀、南小倉支店リニューアル 初の環境配慮型店舗

2023.09.11 21:08
SDGs 店舗
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
オープニングセレモニーで五島頭取(左から4人目)などがテープカットを行った(9月11日、福岡銀南小倉支店)

福岡銀行は9月11日、老朽化に伴い、南小倉支店(大庭周一郎支店長=行員8人、うち渉外4人、スタッフ6人)を旧店舗から北西約500メートルに新築移転しリニューアルオープンした。建て替えは2019年5月の八女支店以来で、同行で初めて「Nearly  ZEB」「BELS 最高ランク(5つ星)」の認証を取得した。


新店舗は鉄筋コンクリート造3階建て、敷地面積790.3平方メートル、延べ床面積936.2平方メートル。駐車場は平置きで身障者用1台を含む16台収容。


外観は小倉城の野面積みをイメージし、外壁は小倉織を連想させるコンクリート壁を採用。内装はロビーの天井を木質化し、木のぬくもりと開放感のある空間を創出している。


1階にATM2台、営業室は2階で、ハイカウンターとローカウンター各2台、個室相談ブース3室、オープン相談ブース2室、応接室2部屋。ATMと両替機各1台を設置。個人向けのトータルライフに関するコンサルティングができる環境とした。


SDGs(持続可能な開発目標)の観点から、屋上には太陽光パネル64枚を設置。高断熱・高効率な設備、日射遮蔽効果を高める最適な窓を配置し、環境に配慮している。


開店に先立ち、オープニングセレモニーを実施。来賓3人を迎え、五島久頭取などがテープカットを行った。五島頭取は「当行のなかでも歴史ある店舗。これから新しい歴史を刻むために頑張っていきたい」と話した。



外観は小倉城をイメージ(9月11日、福岡銀南小倉支店)

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東西ペンリレー 熊本生活
九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
福岡銀、九州地銀最古の営業店 飯塚本町支店が築100年
建築当時のままを残す飯塚本町支店を紹介する武田支店長(6月24日、同店)
【独自調査】地域銀 新NISA口座数(2024年3月末) 福岡銀が地銀トップ 第二地銀は北洋銀

関連キーワード

SDGs 店舗

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)