伊予銀、「開放特許」活用で中小支援 知財アンバサダー32人認定

2023.09.06 04:15
人材育成 知財 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
第1回ワーキンググループで挨拶する法人コンサルティング部の谷本課長代理(8月28日、松山市内)
第1回ワーキンググループで挨拶する法人コンサルティング部の谷本昌治課長代理(8月28日、松山市内)
伊予銀行は、愛媛県内中小企業の支援のため、知的財産「開放特許」活用を推進する。四国経済産業局の事業を受託し、8月から順次、セミナー・ワークショップを開催。受講した同行グループ行職員32人を開放特許などの活用を推進する「知財アンバサダー」に認定した。
同行が受託した事業は、四国経産局の「愛媛県内の中小企業を対象とした開放特許等の知的財産活...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

四国アライアンス、介護事業者特化の展示会を初開催
タブレット端末を用いたビデオ通話コールの仕組みを紹介する出展者(右、1月30日、オークラホテル丸亀)
人事異動 伊予銀行(2024年2月1日)
伊予銀、鮮魚輸送にドローン活用 実証実験を開始
大島から今治港にドローン輸送で届いた鮮魚。そのあと、空輸で東京に運ばれる(1月22日、今治港)
四国アライアンス、ブランド構築の手法学ぶ 地域商社を生かした研修
2組に分かれて検討した提案内容を発表する参加者(1月18日、Shikokuブランド)

関連キーワード

人材育成 知財 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)