商工中金と日本公庫、全営業店に特別相談窓口 原発処理水の放出開始受けて

2023.08.25 20:39
災害
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

商工組合中央金庫と日本政策金融公庫は8月25日、東京電力福島第一原子力発電所の建屋にたまった放射性物質を含んだ処理水の海洋放出が始まったことを受け、事業者向けの特別相談窓口を全営業店に設置したと発表した。


漁業関係者や水産加工業者などは処理水の海洋放出により、風評影響を受ける可能性がある。両機関は、そうした事業者からの借り入れ相談などに応じる。商工中金では、貸出期間や据え置き期間が通常よりも長い独自のセーフティネット関連融資の取り扱いを開始した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

商工中金と地域金融機関、100億円規模でファンド 高難度な再生案件に投資
【実像】活発化する社会課題解決型事業 金融はどう応えるか
環境省、ESG金融で表彰 金賞に三菱UFJ銀と静岡銀
北海道信金など、3機関連携し若手育成 チーム組み取引先支援
サポート会議の内容を振り返る(左上から時計回りに)フルムラ商会の酒井代表、北海道信金の櫻井さん、日本公庫の福士さん、北海道信保協の久馬さん(1月18日、北海道信金小樽支店)

関連キーワード

災害

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)