川崎信金・川崎市など、地域電力会社を設立 廃棄物や太陽光で脱炭素

2023.08.24 19:51
脱炭素 新会社設立
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
記念撮影に応じる各社の代表者ら(8月24日、川崎市役所)
電力会社設立で記念撮影に応じる各社の代表者ら(8月24日、川崎市役所)
川崎信用金庫と川崎市など8者は、連携して地域エネルギー会社「川崎未来エナジー」を10月12日に設立する。廃棄物や太陽光を利用した電力で、地域の脱炭素促進を支援する。営業開始は24年4月を予定している。
連携するのは川崎市、NTTアノードエナジー、東急、東急パワーサプライ、川崎信金、セレサ川崎農業協同組合、きらぼし銀行、横浜銀行。資本金は...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

横浜銀など、県警とマネロン対策協定 連携深めて犯罪防止
協定書を掲げる崎山部長(左)と野辺執行役員(2月22日、横浜銀行本店)
銀行界、管理職の「対話力」磨く 役割、部下指導へシフト
りそな銀では人財サービス部が他部署と連携し、ミドル層の役割見直しと必要なスキルの議論を始めた(同行提供)
地域銀、進む「経営者保証なし」融資 9行が30ポイント超上昇
金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論

関連キーワード

脱炭素 新会社設立

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)