メガバンクG、法人カードに付加価値 決済情報でGHG可視化 

2023.08.17 04:50
SDGs 脱炭素 営業計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
メガバンクグループ(G)は、法人向けクレジットカードの商品性を高め、傘下の銀行とカード会社が協調して銀行の取引先企業の課題解決につなげている。法人カードは交通費や交際費などでの利用イメージが強いが、近年は決済情報を経費精算システムや温室効果ガス(GHG)排出量可視化サービスと連携し、決済関連業務の効率化やサステナビリティ経営の高度化などに...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

みずほFG、広がる障がい者雇用 役職登用で定着する職場へ
チームのメンバーと会話する亀竹さん(右、5月1日、みずほビジネス・チャレンジド町田本社)
大手行G、「金利ある世界」収益押し上げ MUFGは3年で3550億円
大手金融機関、社宅制度の刷新相次ぐ 集合寮廃止や外部委託
三井住友FG、100億円の経費枠設定 社会的価値創造へ種まき

関連キーワード

SDGs 脱炭素 営業計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)