四国地区地域銀、4~6月期決算 最終増益は3行

2023.08.10 18:39
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
四国地区地域銀行8行の2023年4~6月期決算(単体)が8月10日に出そろった。債券関係損益の減少や、与信関係費用の増加などで最終増益は3行となり、5行が最終減益になった。通期の業績予想は各行とも据え置いた。
増収増益となったのは、トモニホールディングス傘下の徳島大正銀行と香川銀行。経常収益では貸出金利息や役務取引等利益を両行ともに伸ば...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

阿波銀、「実践ゼミ」でSDGs促進 地元企業の事例紹介
ゼミ終了後にはツクレボのオフィスやコワーキングスペースを見学した(6月11日、徳島市内)
伊予銀、英語発音の学習プログラム 海外業務部門向けに先行展開
(左)発音の見える化ツール、(右)イントネーションの見える化ツール
四国銀、遺言代用信託を開始 オリックス銀と契約締結で
伊予銀、金融教育サイトを拡充 中高生向けコンテンツ追加

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)