茨城県信組、JRへ「食」売り込み 駅コンビニ・地産店向けなど

2023.08.07 04:29
販路拡大支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
茨城県中部の汽水湖「涸沼(ひぬま)」特産のシジミを使った味噌汁を味わうバイヤー(7月27日、茨城県水戸市のJR東日本水戸支社)
茨城県中部の汽水湖「涸沼(ひぬま)」特産のシジミを使った味噌汁を味わうバイヤー(7月27日、茨城県水戸市のJR東日本水戸支社)
茨城県信用組合(水戸市、渡邉武理事長)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)水戸支社との連携協定を生かし、地元・茨城県の「食の名品」などのJR東日本グループ各社への売り込みを推進している。2022年3月の協定締結から約1年半が経ち、商談会の開催は16回、紹介した取引先事業者は計66社に。JR東日本グループの高級スーパーマーケットに、発酵バターを...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 茨城県信用組合(2024年4月1日)
茨城県内5金融機関 M&A・承継支援で一丸 案件情報集約し共同推進 後継難解消、雇用維持へ
協定書を手にする(左から)結城信金の能島理事、筑波銀の生田頭取、常陽銀の秋野頭取、水戸信金の酒井常務理事、茨城県信組の渡邉理事長(3月1日、茨城県水戸市)
茨城県信組、中小機構と組み伴走人材育成 JR系へ「食の拡販」で成果 商談支援など8人が1年間
研修生も同行したJR東日本グループの高級スーパー「紀ノ國屋」との商談会(23年6月14日、東京都新宿区)
金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論

関連キーワード

販路拡大支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)