佐賀信金、佐賀県庁で食の商談会 県内のバイヤー企業招く

2023.07.19 19:31
販路拡大支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
取引先とバイヤーによる活発な商談で商談会は盛り上がった(7月19日、佐賀県庁)

佐賀信用金庫(佐賀県、坂田慎一郎理事長)は7月19日、佐賀県庁で食の商談会を開いた。食を通して佐賀県の魅力を高める「がばいうまかプロジェクト」の一環で、取引の食品関連事業者の販路拡大支援が目的。県内の小売業や冷凍食品製造業などバイヤー5社を招き、サプライヤーとして取引先10社が参加した。


商談会に先立ち、しんきん地域創生ネットワークによる商談会対策セミナーを実施。同社地域商社部の担当者が講師を務め、サプライヤーにバイヤーの目線や自社商品の価値を高める提案の重要性を伝えた。


商談会は、バイヤーがサプライヤーのブースを回る形式とした。今後、サプライヤーとバイヤーは個別で商談を進めていく。


坂田理事長は「佐賀信金単独での商談会は初の試み。1社でも多く販路拡大につなげる」と意気込む。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

佐賀信金、〝同居〟よろず拠点と連携 相談に即応、課題解決へ
経営者から広報戦略について相談を受けるよろず支援拠点相談員の松重栄次氏(右、5月15日、佐賀信金神野支店)
城南信金・佐賀信金、ビールバーと名産品コラボ 佐賀県のタマネギを紹介
仕込み式に参加した(左から)大屋幸子・大鵬社長、坂田理事長、川本理事長、井崎和也・佐賀県首都圏事務所所長、小野雅裕・佐賀県流通・貿易課課長(5月10日、よい仕事おこしプラザ、城南信金提供)
佐賀県内4信金、県保険医協会と提携 会員向け融資取り扱う
佐賀信金、求める技能を明確化  渉外力向上へシート活用
審査部の担当者(右)からアドバイスを受ける渉外担当者(7月12日、本部)

関連キーワード

販路拡大支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)