大阪厚生信金鶴見支店、不動産融資が好調 支店長着任2年で59億円増

2023.07.04 04:50
貸出・ローン 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
取引先で情報交換をする山下支店長(中央)と平良謙二郎課長(左、6月27日、大阪市)
取引先で情報交換をする山下支店長(中央)と平良謙二郎課長(左、6月27日、大阪市)
大阪厚生信用金庫鶴見支店(山下勇支店長=行員17人うち渉外担当3人)は、山下支店長着任から2年間で融資残高を59億円増やした。2023年度はすでに7件、30億9200万円の融資を実行。不動産取引が活発化するなか、金利競争と一線を画す。
融資に関しては、支店エリアの概念がない。推進は、中長期で不動産経営を志向する人で、得意先は独自の人脈や...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

おくやみ 中村 龍男氏が死去 大阪厚生信金会長
寸言 大出重光・大阪厚生信用金庫理事長
「不動産向けを深掘り」 大出・大阪厚生信金理事長
大出重光・大阪厚生信金理事長
役員人事 大阪厚生信金(6月21日)

関連キーワード

貸出・ローン 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)