日韓政府、通貨スワップ再開で合意 100億ドル規模に

2023.06.29 20:27
財務省 為替 金融危機
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
約7年ぶりの日韓財務対話で、通貨スワップ協定の再開を合意した鈴木財務相(左)とチュ韓国経済副総理兼企画財政部長官(6月29日、財務省提供)
日本と韓国の両政府は6月29日、金融危機時などに外貨を融通し合う「通貨スワップ協定」を再開することで合意した。協定の再開は、2015年2月以来、約8年ぶり。規模は100億ドル(1兆4400億円)となる。同日、覚書に署名した国際協力銀行(JBIC)と韓国輸出入銀行(KEXIM)の間での連携強化を確認したほか、ロシアによるウクライナ侵略を非難...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

為替介入額は9兆7000億円超に 単月で過去最大規模 財務省統計
寸言 伊野彰洋・関東財務局長
政府・日銀、5兆円規模で為替介入か 実施した可能性は「9割以上」
財務省、商工中金の全株式売却へ 1700億円規模

関連キーワード

財務省 為替 金融危機

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)