ゆうちょ銀行の貯金残高、民営化前水準に戻る、“振替”が再び増加

2021.06.11 05:00
業績
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 ゆうちょ銀行の貯金残高が民営化前の規模に戻っている。2021年3月末の残高は、前年同月比3.6%(6兆5887億円)増の189兆5934億円となり、200兆円を超えていた06年3月末以来の水準になった。預入限度額の倍増で一時は減少した振替貯金も再び増加。コロナ禍の給付金や助成金が残高を押し上げ、消費の落ち込みが払い戻しを抑制しているとみ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

個人国債の販売戦略変化 三井住友銀、非対面軸に2000億円
ゆうちょ銀、ATM管理の負担軽減 現金確保、保管を不要に
ゆうちょ銀元社員、7人から2240万円窃取 調査で余罪が判明
日本郵政Gと住宅機構、被災地の早期復興へ協定 情報や拠点共有で連携

関連キーワード

業績

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)