金融庁、投資子会社の出資規制緩和 創業ベンチャー育成

2023.06.21 04:45
金融庁 起業・創業支援 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融庁は、スタートアップ企業の育成へ銀行子会社の出資規制を緩和する。投資専門子会社による創薬ベンチャーなどへの資金供給を念頭に、「設立10年未満の中小企業」に限って100%出資を認めている現行の枠組みを見直す。今夏以降、銀行法施行規則などの改正を進め、議決権保有制限の特例対象を広げる。
6月16日に閣議決定された改定版の「新しい資本主義...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【更新】監視委、三菱UFJ銀とグループ証券2社に処分勧告、FW規制と有価証券引受などで違反
ON金融庁看板
東西ペンリレー 日常の名所絶景
金融庁、資産運用特区実現へパッケージ 地域限定の規制緩和策打ち出す
大手行、外貨繰り耐性 強化進む 保守的想定でテスト

関連キーワード

金融庁 起業・創業支援 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)