埼玉りそな銀、「共創社会のハブ」へ 金融教育やDX支援に注力

2023.06.12 10:25
インタビュー 金融教育 資産形成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
埼玉りそな銀行は、「共創社会のハブ」として地元経済の活性化を目指す。非金融サービスや信託機能を活用して地域課題の解決に取り組むほか、脱炭素に向けたリテールトランジション金融では累計取扱高で9000億円を最終目標に掲げる。
4月にスタートした新中期経営計画(2023~25年度)に盛り込んだ。福岡聡社長はインタビューで「脱銀行の取り組みを進...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 埼玉りそな銀行(2024年1月12日)
埼玉りそな銀、DBJ・JERIと協定 県内の地域課題解決へ
埼玉りそな銀、中小企業の価格転嫁支援 サポーター1000人配置
「中小企業の価格転嫁を支援する」と語る福岡社長(12月5日、本店)
大手行、東京で相次ぎ万博関連イベント開く 

関連キーワード

インタビュー 金融教育 資産形成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)