埼玉県信金、投信残高が年265億円増、積立やネット柱に推進

2021.07.16 05:00
投信 業績
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 埼玉県信用金庫(埼玉県、池田啓一理事長)は、全店に置く預かり資産販売の担当者「マネーアドバイザー」(MA)を中心に投資信託の販売で成果をあげている。基準価格の上昇のほか、2019年度から導入した残高ベースの評価制度の浸透もあり、21年6月末の投信預かり資産残高は1年で28.7%(265億円)増の1187億円と過去最高に達した。 MA制度...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金の新NISA、46万口座超 トップは京都中央【独自調査】
埼玉県内3行庫、市の地域商社事業に参画 デジタル地域通貨普及へ
埼玉県信金、取引先の人手不足を解消 紹介業務で収益化
埼玉県プロフェッショナル人材戦略拠点の相談会に参加した(左から)電気工事会社役員と大宮支店の西澤大河主任ら(5月20日、大宮支店)
人事異動 埼玉県信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

投信 業績

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)