青梅信金・東栄信金、取引先に事業性評価還元、課題示し新事業創出へ

2021.07.16 05:00
業務提携 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 青梅信用金庫(東京都、平岡治房理事長)と東栄信用金庫(同、北澤良且理事長)は東京都よろず支援拠点と連携。取引先に事業性評価を還元する取り組みに力を入れている。事業性評価は融資判断の材料として信金内部で活用してきたが、取引先にも評価内容を伝え、経営に生かしてもらう。 青梅信金は4月に取り組みを始めた。自社の強み・弱みのほか環境変化や事業の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

青梅信金、学生の夢を応援 洋菓子店で研修実現
池田課長(右)に研修の成果を報告する杉浦さん(3月26日、青梅総合高校)
首都圏信金・信組の24年問題対策(上) 物流業の人手不足 深刻
城南信金支店長と相談する北洋エキスプレスの伊藤明美社長(左、3月7日、東京都大田区羽田の同社本社)
青梅信金とアイザワ証券、小学生のタオル販売に協力 起業家教育の一環で
青梅マラソンの会場でタオルを販売する児童とそれを見守る同信金営業推進部の小山幹部長(右から2人目、2月18日、青梅市役所前)
東栄信金と足立成和信金、25年10月めどに合併
会見後、握手をする東栄の北澤理事長と足立成和の土屋理事長(右、3月1日、足立区の足立成和信金本店)

関連キーワード

業務提携 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)