静岡銀、税公金電子納付を研究会で議論 紙処理件数50万件へ

2023.06.08 04:50
税・公金
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
静岡銀行は、静岡県内の地方公共団体や県内金融機関と発足した研究会で、税公金等の納付にかかる社会的コストの削減や電子納付の推進に取り組んでいる。納税者、地公体、金融機関3者の負担軽減のため、口座振替やQRコード活用を促す。同行は、紙ベースの作業件数を2026年度までに22年度の5分の1(50万件)にまで減らす目標を掲げる。
同行が公金収納...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
静岡銀、生成AI機能搭載のPKSHAチャットボット 一部照会業務で活用開始
静岡銀、「コア預金モデル」開発 9月適用へ共同研究
静岡銀、デジタルCIO実現へ KPMGと実証実験

関連キーワード

税・公金

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)